0カート
¥0

現在カート内に商品はございません。

武者人形(刀・金屏風付き)

製品カテゴリー
¥165,000 税込
商品コード: 990735
寸法:
数量 (在庫数:3)
カートに追加しました。
カートへ進む

古代中国では、端午(たんご)は邪気を払い健康を祈願する日とされ、菖蒲(しょうぶ)酒を飲む習慣がありました。それが日本に伝わり鎌倉時代の頃から「菖蒲」と「尚武」(武をたっとぶ)が同じ読みであることなどから男児の節句とされ、鎧、兜や武者人形などを飾るようになりました。
鎧兜には男子の身体を守るという意味も込められています。江戸時代、武家に男児が誕生すると門前に馬印や幟を立てて祝いました。これらの風習が庶民の間へ拡がり、やがて五月の空に元気よく泳ぐ鯉のぼりや武者人形などとして現在に受け継がれています。
源右衛門窯では、こうした日本ならではの「端午の節句」にふさわしい、凛々しくも愛らしい表情の「武者人形」を、力強い色彩の染錦で謹製いたしました。大切な男のお子様の健やかな成長と健康への願いをこめた、ご両親やご親族からの心のこもった祝いの品として最適です。
金屏風・ガラスケース付

タイムセール値引前価格: 税込

関連するやきもの